放浪のアーティストCaravanとは?

 

 

放浪の歌手Caravanの経歴

Caravanさん(@caravan_harvest)がシェアした投稿

 

Caravanさんは1974年生まれの男性シンガーソングライターです。

幼少時代を南米ベネズエラで過ごし、高校時代からバンド活動を始める。

その後、ギタリストとしてリミックスワークスへの参加など幅広い活動を展開。2001年からソロアーティストとして活動されている方。

 

YUKI「ハミングバード」「ワゴン」

SMAP「モアイ」

渡辺美里「Glory」「Hello  Again」

など楽曲提供も行なっています。

 

これどれも名曲です。。。

聞いて見てください。。。

 

 

おすすめのCaravanの歌ランキング

 

1位 サンティエゴの道

 

 

この曲は旅というか生き方とか人生とかを歌っている曲なんです。

心に響くような歌詞だらけです。

「辛いけど人生は素晴らしい。自分の道を信じて進もう。」というようなメッセージが込められた一曲です。

 

 

 

第2位 Trippin’ Life

 

こちらは聞くと思わず旅に出たくなるような曲。

今回の旅で、何回この曲聞いたかわかりません(笑)

 

某サイトの旅歌ランキングにも上位に位置し、聞いたことがある人もお多いのでは?

 

「調子はどうだい友よ。愛すべきロクデナシよ。」

という歌詞があるんですよ、、

心打たれたなー

愛すべきロクデナシなりたい・・・

 

 

 

第3位

 

 

caravanさん自身が放浪の人生を歩んできただけあって、旅について書かれている歌が多いんですけど、この歌は曲名のとおり旅について歌われた一曲。

 

旅で学んだこと、見たものなど様々な「旅について」のことが歌われています。

 

 

 

放浪の歌手Caravanが旅を歌う理由

 

Caravanさんの楽曲にはというキーワードが非常に多いです。

「旅のことを歌って伝えたいメッセージとは何なのか」

を聞かれた時に、Caravanさんはこのように答えています。

 

これについてはCaravanさんは

「幼少期の経験も影響しているのか、基本的には移動がすごい好きで、旅が好きです。旅で何かをするっていうより、移動してることが好きですね。でも、楽曲で伝えたいのは、“実際に旅をしよう”ってことではないんです。もちろん旅はいいものだから絶対に人生の栄養になると思います。だけど、“旅の感覚”みたいなものが大切だと思うんですよね。

日常も旅なんですよね。例えば、今こうしてお話しするのも一つの旅。
ひとつひとつ丁寧に敏感に暮らす感覚が大切だと思うから、“旅人目線で日常を生きる”というようなことを伝えられたらいいなと思います。」

「色々な場所で暮らしてきて、たくさんの人を見てきて思うのは、どこかに行くことが重要じゃないということ。

そういう意味では、旅に出かけることが一番重要ではない気がします。
かと言って人って時間が経つと感覚が元に戻っちゃうんですよね。だから、どんな些細なところにも敏感になれて、心動かされる感覚を味わいたいから旅に行くという気もしています。」

出典【インタビュー】旅を歌うミュージシャン/Caravan | TABIZINE〜人生に旅心を〜

 

と答えています。

 

これは本当に思いますね。

 

拓磨も旅に行く前は「旅に行くのがすごい。」

「リュック1つで一人で行くのすごくね?」

なんて思ってたけど、いざ旅に行って戻ってくると、Caravanさんの言ったような気持ちになる。

 

旅に出ることなんて気持ちがあれば誰にだってできることだし、特別すごいことでもないし、特別大事なことでもないと思う。

 

確かに、いわゆる「旅心を持つ」ってことが大事なんだと思う。

 

旅心って「かけがえのない時間だと思う心、今しかないと思う心、どんな些細なことでも敏感になれる心、ワクワクする心、不安で不安で不安でしょうがない心」とかそういう今を生きている心のことだと思う。

 

この旅心を持つことが大事なことで、旅はその心を気づかせてくれるor思い出させてくれるものだと思う。

 

 

旅に行く

↓↓↓

人、文化、宗教、歴史、建物、価値観など様々なことから刺激を受け、考え方が変わっていき、同時に旅心を持つ

↓↓↓

旅心を持ったまま帰ってくると、当たり前だったものが当たり前では感じなくなっている。

↓↓↓

でもその旅心もだんだんと忘れて行く。

↓↓↓

そしてまた旅に出る。

 

こんな感じ?笑

 

Caravanさんの歌は本当に生き方とかそういうものについて考えさせられる。

 

拓磨自身もいろいろなことを経験してきて、Caravanさんの曲を聴いて思ったのは「今を全力で生きれたら素敵だよね。」ってこと。

 

今を生きるって計画性ないみたいに聞こえるけど、自分はどう生きていきたくて、何をやりたくてが決まっていて、ではそのために今の自分は何をしなくてはいけないかを考えることができて、その考え出した今だったらめちゃめちゃ良いことだと思うな。素敵。

 

そんな素敵なことを考えさせてくれるのがCaravanさんの歌。

 

Caravanさんの曲の歌詞を借りて伝えるなら、

「君は君の道を進め」

かな。

 

 

旅に行きたい人、旅をしている人、旅には興味はない人も

生き方とか、人生に悩んでる人

全ての人に聞いてほしいな。

 

 

何で突然こんな記事を書いたのかというと、、、

 

リアルタイムは日本にいて、こないだCaravanさんのライブに行って来たからです!!!

 

最高すぎた。。。

 

 

ってことで次からはまた旅の記事を書きますね!

 

Caravanさんの曲聞いてみたい!!

って思ってくれた方こちら↓↓↓クリックお願いします!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ